Word Pressでホームページを作るために必要なモノは?

 

 

●サーバーをレンタルする

サーバーは、Word Pressを起動・管理・運用するために必要です。Word Pressには、低価格であることだけでレンタルサービスを選ぶのはおすすめできません。快適で安心して運用していくためには、データの転送量、処理速度などの能力もチェックしましょう。15年の実績があり試用期間を設けているロリポップ、最もよく知られているさくら、コスパが優れているヘテムルなどがおすすめです。

 

●オリジナルなドメインの取得

ドメインは、URLのことでweb内のアドレスです。Word Pressでホームページを開設するには、独自のドメインが必要。費用は年1000円位ですが、契約によって差があります。ドメインを取得するためには、ドメイン取得サービスを利用します。国内最大級のムームードメイン、お名前ドットコムなどがあり、価格や使用可能なドメインの種類(.com、.jp、.netなど)、管理しやすさが選択のポイントになります。ホームページの目的に合わせて契約内容を決め、覚えてもらいやすく、検索してもらいやすいドメイン名を考えて、効果的なドメイン取得を行いましょう。

 

●Word Pressのインストール

起動可能な環境のサーバーが確保できたら、Word Pressは無料でインストールすることができます。ここで出てくるのがインストール方法がわからない、インストールできたのに作動しない、必要なデータベース設定の仕方がわからない、といった問題です。
進めていく上で専門用語がいろいろ出てきます。次のような知識があれば大丈夫ですが、1から覚えようとするととても大変で、例えばホームページを使って集客するというような、本来の目標からはどんどん離れてしまいます。

 

■必要な知識いろいろ

MySQL…データ管理システムで、大容量データも高速で動作。ここに記事や画像などが保存されます。
FTP…ファイルを転送するときに使うプロトコルです。これによって、ファイルをサーバーとパソコンの間で通信することができるようになります。
SSL…インターネット上で、データを暗号化して送受信するためのプロトコル。これによって、個人情報、クレジット情報などのデータをSSLによって暗号化することで安全にやりとりすることができます。
ネームサーバー…ドメイン名などからIPアドレスを知るためのシステムです。
Whois…ドメイン所有者、サーバー運営者の情報を検索するサービスです。

できるだけ労力をかけずに早くホームページを持ちたい、効果的にホームページを運用したいと思うなら、専門的な部分はプロに任せるほうが、ムダがなくスピーディです。プロの手によると、発信したい情報や紹介したいサービスをより効果にわかりやすく表現することもできます。その分、情報収集やサービスの充実に力を入れてオリジナリティのあるホームページにすれば、アピール力も高まります。

 

Yumi Fujita

 

●Word Pressを作ったホームページのお手伝いなら
株式会社リバースへ

90分間無料相談実施中!

TEL:06-6484-5434
FAX:06-6484-5435

E-mail info@rebirth-ad.com