Project:集客につながるブランド戦略のトータルプロデュース
Client:株式会社アプリ 就労継続支援B型『ポルテ』

就労継続支援B型『ポルテ』は、2018年7月に開設された障がい福祉サービスを提供する事業所です。運営母体となる株式会社アプリは、早くから社会福祉サービス事業に従事し、この度、事業拡大に向けて当事業所を開設されました。
ご利者様との信頼関係が何より重要となる社会福祉サービス事業であることから、ブランド戦略として、ご利用様目線での特長訴求を重視し、ファンづくりに繋がるWebサイトをめざして制作させていただきました。

Process1 IT導入補助金の申請からフォローアップ

中小企業のホームページ制作では、最大50万円の補助金を活用することができます。それは、IT導入支援補助金といって、ITツールに関わる経費の1/2以内か50万円以下(下限15万円)のいずれか低い金額が適用されます。
今回のプロモーションは、この制度を利用することから着手しました。

 

Process2 同時進行でWebサイトについてヒアリング

ご相談いただいたのは事業所のオープン後ということで、IT導入補助金の申請手続きと同時進行にて、まずは、就労継続支援B型『ポルテ』が描く事業像についてヒアリング。そして、ポルテの事業特長(魅力)のブランディングをトータルで請わせていただきました。

 

 

Process3 心や社会の扉を開く、ヒューマンな姿勢に着目

他事業所とは一線を画したポルテの特長は、「受け入れ態勢とサービス内容の柔軟さ」です。
また、事業所名「ポルテ」は、フランス語で「扉」を意味し、事業主の「利用者のみなさんの、心や社会への扉を開くお手伝いをしたい」という想いが込められています。
ポルテの支援理念でもあり、ネーミングの「扉」に込められた想いがストレートに伝わるよう、誠実な姿勢をヒューマンに表現したWebサイトをご提案させていただきました。

 

Process4 ファンづくりのポータルサイトをめざして

Webサイトは、ゼロベースからのスタートでしたが、コピーからデザイン撮影まで、ストーリー性をもたせてワンストップでサイト構築。「エンドユーザーにポルテのメッセージをしっかりと伝える」ことにこだわりました。相談してみたい、体験してみたい、そんな行動につながるポータルサイトとして活用いただいています。


 

 

Interview

運営会社代表の森様に、
当社の対応について感想をうかがいました。

Webサイトを制作したいと考えたものの、当初は、まずどのような基準で制作会社を選べばよいのか、また、どのように依頼をすればよいのかもわからずにいました。
何社かにお声がけさせていただいた中で、Webサイトのデザインだけでなく、ゼロから企画・構成し、コピーライティングの部分でもご提案していただいたリバースさんにお願いしました。また、撮影までトータルで請け負っていただけることもポイントでした。
Webサイトでは、就労者支援という事業の特性と私たちが名前に込めた思いを上手く表現していただき、とても満足しております。
今後もプロモーションでサポートいただきながらインターネットをつかって集客していきたいと考えています。

ポルテ様のホームページ

ご依頼、お問い合わせはこちら