小規模事業者持続化補助金

補助金対象額:
補助率は対象経費の3分の2以内で、上限は50万円です。
なので例えば新商品の広告費に75万円使えば、50万円を後で貰える、という事です。
かかった経費に対する補助割合は2/3ですが、上限額が50万円なので実際にかかった経費が100万円でも200万円でも経費補助は50万円ですのでご注意ください。

予算規模は200億円。
補助率は制作費用の3分の2まで。
最大50万円まで。(75万円のホームページ制作の場合50万円の補助)
募集時期:平成31年2月末或いは3月初
応募締切:平成31年5月中旬頃
昨年はIT導入補助金でホームページ制作が可能でしたが、本年度(31年度)は、小規模事業者持続化補助金のみでのホームページ制作となりそうです。小規模事業者持続化補助金の対象は下記の通りです。

ホームページの新規作成・リニューアル
チラシの作成・配布
看板の制作
店舗改装
機械装置や備品の購入(パソコン、タブレット、車両等を除く)など

メリット:
他の補助金に比べて幅広い用途に使う事が出来きる。

デメリット:
事業計画書を作成する
精算書類の作成にも結構な時間を取られる
補助金は後払いなので、一度全額自分で支払う必要

申請できる事業者:

小売・卸売・サービス業の場合は、従業員が5名以下(社員・アルバイト含む)
その他の業種(製造業含む)は従業員が20名以下(社員・アルバイト含む)
補助金の利用手順

補助金を受けたい中小企業様が申請書を作成後、地域の商工会議所・商工会へ行って承認の印鑑をもらう必要があります。