2019年度のIT導入補助金の申請準備は進んでいるでしょうか。
 4月より支援事業者登録、ITツール登録が始まっています。
 最新の情報を以下ご案内いたします。

★ ECサイト(フルスクラッチ)も一部申請対象に ★

 今年度のIT導入補助金は、ホームページ制作については、
 当初、オプションとして「ホームページ関連費」としてしか
 登録できず、別に業務パッケージソフトが必要とされていましたが、
 5月13日に事務局ホームページ上でアップされた資料
 「ITツール登録についての注意点」によると、

 ・ECサイトのフルスクラッチ制作

 ・CMSを利用したECサイトの構築

 ・ショッピングモールへの出店と店舗ページ制作

 がIT導入補助金の対象となり得るとのことです。
 ホームページ制作業者の方にとっては朗報ではないでしょうか。

 ただ、補助金の申請期間が6月中旬まで(A類型)と短く、
 またITツールの審査も10営業日以上とスケジュールが厳しくなっております。

 これから支援事業者登録、ITツール登録をお考えの支援事業者様は
 至急対応する必要があるでしょう。

★ 2019年度のIT導入補助金のスケジュール ★
(いずれも4月開催の「IT導入支援事業者説明会」資料によります。
 事務局ホームページのスケジュールには、5/14時点で、公募締切日、
 交付決定日の記載がないため、今後変更される可能性があります)

 <A類型(補助額 40万円以上150万円未満まで:販売金額80万円以上)>
  公募期間: 5月27日(月)~6月12日(水)
  交付決定: 6月26日(水)
  対象のITツールの要件:
   「業務パッケージ」の8要素の業務プロセスより最低1つ以上、
   全体で10要素のプロセスより計2プロセス以上が含まれる

 <B類型(補助額150万円以上450万円まで:販売金額300万円以上)>
  公募期間: 5月27日(月)~6月28日(金)
  交付決定: 7月16日(火)
  対象のITツールの要件:
   「業務パッケージ」の8要素の業務プロセスより最低3つ以上、
   全体で10要素のプロセスより計5プロセス以上が含まれる

★ 2019年度のITツールの要件はより厳しく ★

 対象のITツールの要件において、昨年までの「機能」に
 代わって「プロセス」がいくつ含まれるかが重要となります。

 審査にかかる期間も、昨年までの5営業日から10営業日に
 変更されており、より厳しく審査される傾向にあります。
 
 予算は昨年度500億円から
 今年度100億円に下がっており、さらに補助額が50万円から
 最大450万円まであがっています。
 二次公募も予定されていますが、二次公募で申請した場合は
 採択率が極端に下がる可能性が高いと思われます。
 6月締切の一次公募に間に合うようお早めに手続きされることをお勧めします。