―――――――――――――――――――――――――――――――――
◇◇ 紙の情報 PAPER VOICE MAIL ◇◇   -Vol.107-
―――――――――――――――――――――――――――――――――
梅雨にやっと入ったかと思えば、局地的豪雨が発生し、
昔によくあった、しとしと降る梅雨のイメージとは異なってきましたね。
今回の豪雨で被災された方には心よりお見舞い申し上げます。
それでは、今回もちょっとした紙の情報をお届けさせていただきます。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
心斎橋あたりを歩いていると、すれ違う人のほとんどが、
観光で来られている外国の方々の時があります。
こういった光景になってから、もう何年もたちますが、最初にブームになった時は一過性のもので
すぐにまた来なくなるんじゃぁ…と思っていたのですが、
もう何年たっても、収まるどころか、逆にいろんな国の方が増えている雰囲気です。
どうして日本に来るのかな?と考えてみると
やはり海外から見たら、魅力的なものがいっぱいあるようなんですね。

便利なものも、おいしいものも、それが日本独自のものであっても
日本に生まれ、日本で普通に暮らしていると、何もかもが当たり前のものになっていて、
特別に感動したり、ありがたみを感じる事がなかったりします。

でも視点を変えてみると、当たり前と思っていた事が実はとても珍しい事で
そういった事を逆に海外の人が発見してくれると改めて気付かされます。

そんな、自国の良さもあまり意識していない日本人ですら
これは良い!と実感するもののひとつに「和紙」があげられます。

和紙の手触り感、優しさ、ぬくもりは、何とも言えない懐かしい安らぎを与えてくれます。
けれども今の日本では残念ながら和紙を見かける機会があまり多くありません。

和紙は洋紙と比べて、印刷がしにくい、値段か高い、という理由で敬遠されがちです。
そこで、和紙でもオフセット印刷に対応しているおすすめの商品があります。

その名も「汎紙苑(パンシオン)」。
こちらは、岐阜県、美濃で生産されている美濃和紙になります。

従来和紙は印刷しづらいとされてきましたが、汎紙苑は和紙の素材感を活かしながら、
オフセット印刷が可能な和紙です。
汎紙苑には「楮入り(こうぞいり)シリーズ」や「三椏調(みつまたちょう)シリーズ」など、
様々なジャンルの和紙が収録されています。
和紙で素材感を演出したい案件に、高級カタログ、ステーショナリー、
包装紙、カレンダー、各種商品ラベル、テーブルウエア、出版用途などにおすすめです。

ぜひ一度、和紙の良さを実感してみてください。

画像はこちら↓

有効期限:2019/08/04(日) 09:33
添付ファイル(DSC_2885.JPG)
http://clk.nxlk.jp/taCqOBUd

サンプルをご希望の方は「汎紙苑希望」と明記の上
届け先住所、郵便番号、会社名、氏名を添えてこちらまでどうぞ!
→ ohansui@heiwapaper.co.jp

―――――――――――――――――――――――――――――――――
 ■■ 廃止商品のご案内 ■■ 
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「Mケントラシャ」「カラペラピス」「サーラコットン」以上の商品を全規格終了、
「岩はだ」「江戸小染はな」以上の商品を一部規格終了致します。
大変ご迷惑をお掛けいたしますが、ご理解いただきますよう
よろしくお願い申し上げます。
http://clk.nxlk.jp/h9PYNYb7

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆◆ ペーパーボイスギャラリー案内 ◆◆(9:00~17:00 土日祝 休)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【 JAGDA新人賞2019 IN OSAKA 展 】
赤沼夏希/岡崎智弘/小林一毅
会期:2019年7月9日(火)~7月18日(木) ※最終日は15:00まで
主催:公益社団法人日本グラフィックデザイナー協会 大阪地区(JAGDA大阪)
    http://clk.nxlk.jp/QyBGQuhA

JAGDA新人賞とは、日本グラフィックデザイナー協会(JAGDA)が、
毎年、会員作品集『Graphic Design in Japan』の中から、
今後の活躍が期待される有望な若手デザイナー数名に贈る賞で、
毎年優秀な作品やデザイナーが選出され表彰されています。
37回目となる今回も、受賞者3名のデザインと取り組みについてご紹介いたします。
世界的にも評価の高い日本のグラフィックデザインを、是非ご覧下さい。

【 VISUAL DESIGN 】大阪成蹊大学 芸術学部 造形芸術学科 3年生展
会期:1期:2019年7月22日(月)~7月25日(木)※最終日は16:00まで
2期:2019年7月29日(月)~8月1日(木)※最終日は16:00まで
オープニングパーティー:7月19日(金)17:00~18:30
大阪成蹊大学芸術学部の「より高度に芸術と社会の融合を目指す」という
教育理念に沿って学習した学生たちの、表現活動の成果を発表します。
意気溢れる学生たちの作品の数々を是非ご覧ください。

―――【ひとこと】――――――――――――――――――――――――――
G20でいろんな影響があった方、おつかれさまでした!無事に終了してよかったです。
次は2025年の大阪万博!まだまだ先だと思っていたオリンピックももう来年に
せまっているので、きっと万博もあっという間に来るんでしょうね。年月の経つスピードが
はやすぎて恐ろしいです。。。(三木)
―――――――――――――――――――――――――――――――――
「PAPER VOICE MAIL」は
平和紙業株式会社 大阪本店 販売推進部が運営・編集しております。
ご質問・ご感想は ohansui@heiwapaper.co.jp までお寄せください。
―――――――――――――――――――――――――――――――――
■個人情報の取り扱いについて
お客様の個人情報は、当社の紙および加工品の販売事業におけるメール
マガジンの配信、商品・展示会案内等を利用目的として使用しています。
なお、弊社ホームページ(以下、URL参照)に個人情報保護の関する説明を
記載していますので、ご確認くださいますようお願いいたします。
弊社ホームページURL
 → http://clk.nxlk.jp/cXbyc5D6