大阪デザインセンターでは、人づくり、価値づくりのために、今後の事業の大きな柱として、3本の戦略を構想しております。
(1)「経営デザイン・プロデューサー育成講座」の開催
 従来の人材育成事業を再構成して、新規事業や新商品をプロデュースできるネクスト・リーダーを養成する講座を今年度開始します。
(2)「大阪デザイン・カンファレンス」の開催
 デザイン的手法によって、社会課題の解決に資することができるような、広い意味のデザインをテーマとしたカンファレンスを来秋に開催します。
(3)「事業構想デザイン研究所」の設置
 これは将来的な構想ですが、企業価値、社会価値の実現のための、シンクタンク的機能、ビジネスプロジェクトの代表受託的な機能を果たせるような役割を目指します。

 このうち、本日は、(1)の「経営デザイン・プロデューサー育成講座」について、ご案内します。
 これまで、当財団では、デザインビジネス塾、デザインプロデューサー育成講座、デザインシンキング・ワークショップ、知財セミナー、デザインシンポジウムなど、多様なデザイン人材の育成事業を実施してまいりましたが、
今回は、これらの各事業の目的を一つにそろえて、「デザイン × SDGsを経営戦略に活用できるネクストリーダーを育成する」という視点から、5本の個別人材育成事業を総合的に実施します。

5本の各々の事業内容は、下記リンク、および、別添資料のとおり、
①デジタル技術が魅せる未来   (デジタル技術とデザイン)
②ビジネスに生かす美的感性   (美的感性と美的表現技法の修得)
③攻めと守りのブランディング  (知的財産の権利保護方法)
④話せば燃える。TAKIGI Talk Live  (プロジェクトの構想力)
⑤「未来 × デザイン」思考プロジェクト  (デザインシンキングと価値創造)
https://www.osakadc.jp/training/2019/0801123030.html

となっており、全体を通して受講いただけると、「経営デザイン・プロデューサー」になるための総合的な素養が身につくように構成しております。
特に、各社の次代を担う、後継者や、後継幹部の方々に受講いただきたく願っております。
ただ、開催時期が重なっていまして、「同じ人が頻繁に抜けられない」ということもあるかと思いますので、何人かの人に分担していただくことも可能です。

上記の中でも、⑤「未来×デザイン」思考プロジェクト だけは、8万円の有料講座ですが、
これは単なる人材育成ではなく、参加各社の新商品アイデア創出を、参加企業と講師の相互アドバイスで生み出すことを目指します。人材育成をしながら、各社の企業価値づくりと社会課題への貢献も目指すというオープンイノベーション的な取組みです。
ここで優れたアイデアが出てきた場合には各社において実現化に取り組んでいただき、当センターも、 試作・展示会出展に向けた助成金獲得のための動きには伴走・支援していきたいと思っております。
ぜひ、⑤「未来×デザイン」思考プロジェクト への受講をよろしくお願いいたします。