リバース

JIDA 連続知財学習会3【 商 標 】検索 ワークショップ 入門編

気になるイベント、セミナー

下記引用

 

───────────────────────────────────────
JIDA 連続知財学習会3【 商 標 】検索 ワークショップ 入門編
~入門編から応用編まで計6回の学習会をシリーズで開催します~
http://www.kansai.jida.or.jp/info/74
───────────────────────────────────────

せっかく商品名やブランド名、エンブレムやロゴなどを考え出しても、既に他⼈が考えたものだったら︖
そんなリスクを回避したり、登録されていない事を確認して⾃⾝が登録するために使⽤する・・・
今回は【商標】について学習と練習を⾏い、皆さんのお仕事にお役⽴てください。
Webの特許情報プラットフォーム【J-PlatPat】を使用して具体的に学習します。

【対象者】商品・ブランドの企画、開発、運営に携わるご担当者さま
【講 師】大澤 真一氏 (一般社団法人 大阪発明協会/知財支援アドバイザー)
【開催日】2018年10月19日(金) 19:00~21:00
【会 場】大阪・梅田 グランフロント大阪 北館7Fナレッジサロン
※当日、入口カウンターにてお申し出ください
【ご持参】ノートPCやタブレット(Wi-Fi接続可能な端末)
【会 費】1,000円(資料代)
【定 員】先着25名
【申 込】イベント名、お名前、会社名(部署)、TEL、Emailをご記入いただき、
「JIDA関西ブロック事務局」 までご連絡ください。
jida-ka@jida.or.jp FAX:06-6615-5573
【主 催】公益社団法人 日本インダストリアルデザイナー協会 関西ブロック 職能委員会
【協 力】一般社団法人 大阪発明協会

 

映画テレビ技術フェア in 関西 2018

気になるイベント、セミナー情報

下記引用

 

関西テレビアトリウムとメビック扇町で開催する
「映画テレビ技術フェア in 関西 2018」
(主催:一般社団法人日本映画テレビ技術協会、共催:メビック扇町)では、
12月5日(水)午後から、池井戸潤さんのベストセラー小説を映画化し、
長瀬智也さん主演で全国上映された「空飛ぶタイヤ」の本木克英監督にお越し頂き、
セミナーを開催します。
http://soratobu-movie.jp/

セミナーでは、コメディ作品が多い中で、
今回本木監督が社会派作品に取組まれたその思いや、
本木ワールドに潜む心に響く映画の魅力などについてお話いただきます。

セミナー終了後には、本木監督を囲んで交流会「Mebic Talk-in」を開催。
本木監督と直接お話しができる機会となりますので、
映像制作に取り組まれているクリエイターの皆さんはもとより、
映画にご関心のある方はぜひこの機会にメビックにお越し下さい。

【詳細・参加申込み
− セミナーと交流会は別々の申込みとなりますのでご注意下さい!!】
■本木監督トークセミナー
→ 一般社団法人日本映画テレビ技術協会WEBサイトへ
http://www.mpte.jp/outline/branch/osaka/in2018.html
■交流会「Mebic Talk-in」
→ メビックWEBサイトへ
https://www.mebic.com/event/7030.html

【参考】
「空飛ぶタイヤ」についての本木監督のインタビュー記事を見つけましたので
リンク先をご紹介しますね。
https://fanfunfukuoka.com/people/127462/

顧客に購買してもらうためのサイト作り【関西ネットショップ大学2018第二回】

気になるイベント・セミナー
下記引用

▼関西ネットショップ大学とは?

EC/ネットショップ事業者のための実践型セミナーです。
2018年度のテーマは『EC事業者が生き抜くために必要なこと』
今年は関西デジタルコンテンツ事業協同組合所属のEC事業者・クリエイターがタッグを組み、激変するEC業界の現状や今後の展望を見据えて生き抜くために「いま何を感じ学ぶべきか?」を話し合い、最も必要と考える各分野のスペシャリストに講師をお願いしました。
第一回の「大手モールの今後の傾向と対策」にはじまり、「ユーザー体験でファンを増やす」「コンテンツに必要な要素を知る」「共に成長できる仲間と情報を共有する」という流れで構成しており、今回は全四回のうちの第二回目にあたります。
受講生の皆さん一人ひとりが自ら考え実践していける自立型経営を目指し仲間と共に学んでいきませんか?

▼セッション概要

顧客に購買してもらうためのサイト作り
顧客が満足できる体験を設計(デザイン)するスペシャリスト、エクサート株式会社 UXデザイナー 森川眞行さんをお迎えして顧客を迷わせることなくページに導くにはどうすれば良いのか学びます。
前半は人間中心設計やユーザビリティの重要性をしっかりと学び、後半のワークショップではグループに分かれて、実際にみなさんの店舗(グループの代表一人)を対象にテストを行い観察・インタビューを行います。

こんな方にオススメです。

・EC/ネットショップの売上をあげたい。
・サイト/広告運用がうまくいかない。
・新たな販売施策を考えて実行したい。
・アドバイスしてもらえる専門家と知り合いになりたい。
・同じ悩みを持つ人と意見を交換して参考にしたい。
・普段から学び合える仲間が欲しい。 など

講師プロフィール

エクサート株式会社
UXデザイナー 森川眞行さん

大阪芸術大学卒業後、グラフィックデザイナーとして活躍しながら関西DTP協会を設立。その後はウェブ制作に移行し、日本ウェブ協会を設立して理事長に就任。その後も多摩美術大学の講師などを歴任し、現在もその豊富な経験をもとに、大小規模を問わず「日本語のウェブの質を向上させる」ための活動を積極的に行っている。
タイムテーブル(予定)

18:00~     開場
18:25~18:30 受講ガイダンス(本日の流れと内容補足)
         司会:森下源一(株式会社KDDIウェブコミュニケーションズ)
18:30~19:30 顧客に購買してもらうためのサイト作り
         講師:エクサート株式会社 UXデザイナー 森川眞行さん
19:30~19:40 休憩(10分間)
19:40〜21:00 自社の対策とこれから実践することについて考えよう
        【ワークショップ】参加者のサイトで実テスト 60分
        【講師による総評】テーブルごとで気づき発表(リフレクション)20分
21:00      閉会のごあいさつ

次回日程

関西ネットショップ大学2018
2019年 1月16日(水)18:30〜21:00『EC事業者が知っておくべきWEB検索の潮流』
 一般 5,000円/組合員 3,000円  講師:ドコドア株式会社 住太陽さん
2019年 2月13日(水)18:30〜21:00『卒業生の真剣しゃべり場』
 一般 1,000円/組合員 無料    聞き手:カンデジ代表理事/株式会社BEE 久保田 善文
                 話し手:歴代卒業生のEC事業者

主催

関西デジタルコンテンツ事業協同組合

共催

クリエイティブネットワークセンター大阪 メビック扇町

UXD/HCD、デザイン

気になるセミナーがあるので引用しておきます。

Seminar! UXDは、一般社団法人エクスペリエンスデザインユニット(XDUnit)が主催するセミナーイベントです。
当団体の「学び」をテーマとした”UX Learning”の一環として、各方面からお招きした講師の方からUXデザイン、サービスデザインを学ぶことで実践者を増やしていくことを目的として実施しています。

●「UXリサーチ集中講座」講座の目的
・UXDを取り入れたいが専門家がいない
・リサーチやペルソナの本を読んでも実務ではうまくいかない
・インタビューしても表面的なニーズしか浮かび上がってこない
・リサーチ結果からイノベーションや新しい商品・サービスがうまれない
・ペルソナやカスタマージャーニーマップを作ったが開発に活かせていない
このような悩みをもっている、企画に関わる人(経営者、プランナー、デザイナー、開発者)は多いのではないでしょうか。
イノベーションの源泉は「ユーザーニーズ」を把握することです。表面的なユーザーの「声」ではなく、「真」のユーザーニーズを探り、それを分析して可視化するのは「UXリサーチ」の役割です。その際に必ずと言っていいほど用いられる手法があります。

・ユーザーインタビュー:「師匠と弟子」モデルに基づいたインタビュー。
・ペルソナ:複数のユーザーを合成して作り出す仮想のユーザー像。
・ジャーニーマップ:ペルソナの行動や感情の変化を時系列に図式化。

UXD/HCD、デザイン思考、アジャイル開発、リーンスタートアップ……。イノベーションを起こすためのアプローチは様々ですが、ユーザーニーズを把握するための方法は上記に集約されつつあります。

本講座では、『UXリサーチの道具箱
―イノベーションのための質的調査・分析―』の著者、樽本徹也さんを講師に迎え、現代の製品やサービス開発の現場で必須となっている「3大手法」を1日でわかりやすく解説していただきます。各講座はトーク(講義)とワーク(グループ演習)で構成されているので、事前知識は必要としません。どなたでも気軽に参加していただけます。

● 対象者
・UXデザインを取り入れたい/組織内に専門のUXリサーチャーがいない組織
・UXリサーチのスキルを習得したい人
・商品企画・開発/マーケティングに携わるプランナー/クリエイター

● カリキュラム
1. ユーザーインタビュー基礎講座
インタビューの基本原理は「ユーザーに弟子入り」することです。
ただ、「弟子入り」と言われても、あまりにも抽象的で、それを具体的なテクニックに置き換えることは困難でしょう。そこで、まずは気軽な演習を通じて「弟子入り」の本質を理解します。
<主な内容>
トーク:「ユーザーの声聞くべからず」「ユーザーに弟子入り」「文脈をクリック」など
ワーク:「弟子入りゲーム」(※既に弟子入りゲームを体験したことがある人には「別シナリオ」を用意します。2度目の参加でも楽しめます。)
※参考資料:無料サンプル版「インタビュー法」

2. ペルソナ基礎講座
ペルソナとは設計を支援するために定義する「仮想」のユーザー像のことです。名前や顔写真も用意して、実在の人物であるかのように描きます。この基礎編では、ペルソナの基本理論と、データに基づかない仮説型ペルソナの作成方法を習得します。
<主な内容>
トーク:「一人のためにデザインする」「パターン化、擬人化、優先順位」「十人三色」など
ワーク:「作ってみよう!実用ペルソナ」
※参考資料:「実用ペルソナ論」

3. ジャーニーマップ基礎講座
ペルソナの行動や感情の変化を時系列に描いた図表が「ジャーニーマップ」です。「ステージ」「アクション」「タッチポイント」「感情変化」「ペインポイント」等を用いて、ユーザーの行動パターンや、様々なタッチポイントを渡り歩くプロセスを俯瞰的に描写できます。
<主な内容>
トーク:「ペルソナには旅をさせよう」「連携ダイアグラム」「JM解剖学」など
ワーク:「マッピング・ビフォーアフター」
※参考資料:無料サンプル版「第6章 ジャーニーマップ」

● 開催日時
2018年10月23日(火)9:30〜17:00(受付9:00〜)
※途中、昼休み・休憩時間あり

● スケジュール
09:00 開場(受付開始)
09:30 ①ユーザーインタビュー基礎講座
11:30 昼休み
12:30 ②ペルソナ基礎講座
15:00 ③ジャーニーマップ基礎講座
17:00 解散

<注意事項>
スケジュールは多少前後することがあります。
各講座はワークショップ主体です。そのため、10分以上遅刻するとその講座には途中参加できません(見学は可)。あらかじめご了承ください。

● 開催場所
グランフロント大阪タワーA21階 株式会社岡村製作所内 KiZuKi LABO
※グランフロント大阪タワーAのオフィスエントランスよりお入りいただき、9Fでエレベーターを乗り換えて21Fにお越しください。

● 募集人数
30名
※最少催行人数10名(台風などの自然災害時は中止の場合あり)。

● 参加費
一般価格:¥24,000
UX KANSAI 修了者:¥22,000
ペア割:¥44,000

<キャンセルについてのご注意>
キャンセルによる返金はいたしかねますのでご了承ください
参加が難しくなった場合はPeatixの譲渡機能がございますのでそちらの利用をご検討ください

<領収書および請求書について>
領収書が必要な方はPeatixで発行される領収データをご利用ください
請求書はシステムの仕様上発行できませんのでご了承ください

● 講師プロフィール
樽本 徹也(たるもと てつや)
利用品質ラボ代表。UXリサーチャ/ユーザビリティエンジニア。ユーザビリティ工学が専門で特にユーザー調査とユーザビリティ評価の実務経験が豊富。現在はプロのコンサルタントとして、ウェブサイトからスマホアプリまで幅広い製品/サービスの企画開発に携わっている。寄稿や講演も多数。著書は『アジャイル・ユーザビリティ』『ユーザビリティエンジニアリング(第2版)』『UXリサーチの道具箱』(いずれもオーム社刊)など。公式サイトは『人机交互論』

● 主催
一般社団法人エクスペリエンスデザインユニット(XDUnit)

● 協賛
シナジーマーケティング株式会社

● 協力
株式会社岡村製作所

● XDUnitについて
一般社団法人エクスペリエンスデザインユニット(XDUnit)は、UX
KANSAIのメンバーを中心に2018年2月に設立。エクスペリエンスデザインのプロセスを中心に、創造の理論や手法を学ぶ環境の提供・実践・研究を目的とし、すべてのステークホルダーおよび社会がより豊かになるサービスの創出の実現を目指します。
主な活動として、ビジネス、社会の課題を解決する「UX Design」、研修、セミナー、教育、講師などの「UX
Learning」、情報発信やコミュニケーションの場を提供する「UX Place」の3つを行っています。

UI UXデザインセミナー

UI UXなど最近のデザインにおいて必要不可欠になってきており、クライアントからも
よくこのワードがでてきます。なんとなくはわかるのですが、少し勉強が必要だなと
おもいつつ、、いけそうならセミナーに参加したいなと思っています。

Seminar! UXDは、一般社団法人エクスペリエンスデザインユニット(XDUnit)が主催するセミナーイベントです。当団体の「学び」をテーマとした”UX
Learning”の一環として、各方面からお招きした講師の方からUXデザイン、サービスデザインを学ぶことで実践者を増やしていくことを目的として実施しています。

 

●「UXリサーチ集中講座」講座の目的
・UXDを取り入れたいが専門家がいない
・リサーチやペルソナの本を読んでも実務ではうまくいかない
・インタビューしても表面的なニーズしか浮かび上がってこない
・リサーチ結果からイノベーションや新しい商品・サービスがうまれない
・ペルソナやカスタマージャーニーマップを作ったが開発に活かせていない
このような悩みをもっている、企画に関わる人(経営者、プランナー、デザイナー、開発者)は多いのではないでしょうか。
イノベーションの源泉は「ユーザーニーズ」を把握することです。表面的なユーザーの「声」ではなく、「真」のユーザーニーズを探り、それを分析して可視化するのは「UXリサーチ」の役割です。その際に必ずと言っていいほど用いられる手法があります。

・ユーザーインタビュー:「師匠と弟子」モデルに基づいたインタビュー。
・ペルソナ:複数のユーザーを合成して作り出す仮想のユーザー像。
・ジャーニーマップ:ペルソナの行動や感情の変化を時系列に図式化。

UXD/HCD、デザイン思考、アジャイル開発、リーンスタートアップ……。イノベーションを起こすためのアプローチは様々ですが、ユーザーニーズを把握するための方法は上記に集約されつつあります。

本講座では、『UXリサーチの道具箱
―イノベーションのための質的調査・分析―』の著者、樽本徹也さんを講師に迎え、現代の製品やサービス開発の現場で必須となっている「3大手法」を1日でわかりやすく解説していただきます。各講座はトーク(講義)とワーク(グループ演習)で構成されているので、事前知識は必要としません。どなたでも気軽に参加していただけます。

● 対象者
・UXデザインを取り入れたい/組織内に専門のUXリサーチャーがいない組織
・UXリサーチのスキルを習得したい人
・商品企画・開発/マーケティングに携わるプランナー/クリエイター

● カリキュラム
1. ユーザーインタビュー基礎講座
インタビューの基本原理は「ユーザーに弟子入り」することです。
ただ、「弟子入り」と言われても、あまりにも抽象的で、それを具体的なテクニックに置き換えることは困難でしょう。そこで、まずは気軽な演習を通じて「弟子入り」の本質を理解します。
<主な内容>
トーク:「ユーザーの声聞くべからず」「ユーザーに弟子入り」「文脈をクリック」など
ワーク:「弟子入りゲーム」(※既に弟子入りゲームを体験したことがある人には「別シナリオ」を用意します。2度目の参加でも楽しめます。)
※参考資料:無料サンプル版「インタビュー法」

2. ペルソナ基礎講座
ペルソナとは設計を支援するために定義する「仮想」のユーザー像のことです。名前や顔写真も用意して、実在の人物であるかのように描きます。この基礎編では、ペルソナの基本理論と、データに基づかない仮説型ペルソナの作成方法を習得します。
<主な内容>
トーク:「一人のためにデザインする」「パターン化、擬人化、優先順位」「十人三色」など
ワーク:「作ってみよう!実用ペルソナ」
※参考資料:「実用ペルソナ論」

3. ジャーニーマップ基礎講座
ペルソナの行動や感情の変化を時系列に描いた図表が「ジャーニーマップ」です。「ステージ」「アクション」「タッチポイント」「感情変化」「ペインポイント」等を用いて、ユーザーの行動パターンや、様々なタッチポイントを渡り歩くプロセスを俯瞰的に描写できます。
<主な内容>
トーク:「ペルソナには旅をさせよう」「連携ダイアグラム」「JM解剖学」など
ワーク:「マッピング・ビフォーアフター」
※参考資料:無料サンプル版「第6章 ジャーニーマップ」

● 開催日時
2018年10月23日(火)9:30〜17:00(受付9:00〜)
※途中、昼休み・休憩時間あり

● スケジュール
09:00 開場(受付開始)
09:30 ①ユーザーインタビュー基礎講座
11:30 昼休み
12:30 ②ペルソナ基礎講座
15:00 ③ジャーニーマップ基礎講座
17:00 解散

<注意事項>
スケジュールは多少前後することがあります。
各講座はワークショップ主体です。そのため、10分以上遅刻するとその講座には途中参加できません(見学は可)。あらかじめご了承ください。

● 開催場所
グランフロント大阪タワーA21階 株式会社岡村製作所内 KiZuKi LABO
※グランフロント大阪タワーAのオフィスエントランスよりお入りいただき、9Fでエレベーターを乗り換えて21Fにお越しください。

● 募集人数
30名
※最少催行人数10名(台風などの自然災害時は中止の場合あり)。

● 講師プロフィール
樽本 徹也(たるもと てつや)
利用品質ラボ代表。UXリサーチャ/ユーザビリティエンジニア。ユーザビリティ工学が専門で特にユーザー調査とユーザビリティ評価の実務経験が豊富。現在はプロのコンサルタントとして、ウェブサイトからスマホアプリまで幅広い製品/サービスの企画開発に携わっている。寄稿や講演も多数。著書は『アジャイル・ユーザビリティ』『ユーザビリティエンジニアリング(第2版)』『UXリサーチの道具箱』(いずれもオーム社刊)など。公式サイトは『人机交互論』

● 主催
一般社団法人エクスペリエンスデザインユニット(XDUnit)

● XDUnitについて
一般社団法人エクスペリエンスデザインユニット(XDUnit)は、UX
KANSAIのメンバーを中心に2018年2月に設立。エクスペリエンスデザインのプロセスを中心に、創造の理論や手法を学ぶ環境の提供・実践・研究を目的とし、すべてのステークホルダーおよび社会がより豊かになるサービスの創出の実現を目指します。
主な活動として、ビジネス、社会の課題を解決する「UX Design」、研修、セミナー、教育、講師などの「UX
Learning」、情報発信やコミュニケーションの場を提供する「UX Place」の3つを行っています。

クリエイティブビジネスフォーラム クリエイティブは旅に出よ

クリエイティブは旅に出よ。Vol.2が開催されるようです。

下記引用

江副直樹さん、三木健さん、服部滋樹さんの3人のプロデューサー・
デザイナーが、異分野のゲストとトークを繰り広げるイベント。
今回でVol.0を含めると3回目になります。

今回のテーマは、「エネルギーはデザインを欲しているか?」
日々の生活とは切っても切れない関係にあるエネルギー。
自然エネルギーから原子力まで、我々の暮らしから地域のあり方、
国のあり方にも、エネルギーは常に深く繋がっています。

ゲストは、経済産業省の官僚として30年以上、
石油や原子力などのエネルギーから、環境、情報、安全保障まで、
国内外で幅広い現場を見てきた中村稔さん。

経済官僚とクリエイターが、エネルギーをキーワードにどう向き合うか?

エネルギー問題をきっかけに、インフラや地域振興まで、

幅広いセッションを進めたいと思います。

楽しみですね。行けるかどうかわかりませんが、、

https://www.mebic.com/event/6942.html

気になるイベント情報

気になるイベント情報

引用

■O-VENTについて
大阪府主催の関西の学生や若手社会人が社会で活躍するための「準備」と「成長」を後押しするプロジェクト。
その一環として「関西のベンチャー企業」の現状や人材の流れを知り、
キャリア選択の一つとなるための無料のイベントを開催しております。

■イベント概要【大企業を辞めてベンチャー企業を選択したリアルな話】
9月16日にデジタルハリウッド大阪校(梅田)にて、
企業や起業家と一緒に数々の事業創出やアクセラレーションプログラムを行なっている
01Boosterの合田ジョージ共同代表に東京から起こし頂き、
・東京と大阪の大企業/ベンチャー企業の現状と比較
・東京と大阪での人材流動について
・「大阪が一番伸び代がある」
ことについてお話いただきます。

また当日は元々大企業に勤めており、現在は関西有数のベンチャー企業で働く方々3名にもお越し頂き
「大企業で働くのとベンチャーで働くことの違い」についての
パネルディスカッションを行なっていただきます。

ご来場頂きました皆様にとって
・様々な働き方を知り今後のキャリアの選択肢を増やす
・大阪のポテンシャルの正体を知り、大阪を盛り上げる
きっかけになればと思います。

■日時:9月16日(日)13:00~16:30
■場所:デジタルハリウッド大阪校内
     〒530-0047大阪府大阪市北区西天満6丁目5-17(阪急梅田駅より徒歩8分)
■参加費用:無料
■参加方法:Peatixイベントページよりお申し込みいただけますと幸いです。

■登壇者プロフィール:
●基調講演合田ジョージ氏(株式会社ゼロワンブースター共同代表/MBA・理工学修士)
東芝、村田製作所にて研究開発、海外展開など、全社戦略策定等に従事。スマートフォン広告の
Nobot社に参画、同社Marketing Directorとして主に海外展開、イベント、マーケティングを指揮、
KDDIグループによるバイアウト後には、M&Aの調整を行い、海外戦略部部長として
KDDIグループ子会社の海外展開計画を策定。
現在は01Boosterにて事業創造アクセラレーター(主にコーポレートアクセラレーター)を運用すると共に、
アジアにおけるグローバルインキュベーションプラットフォーム構築を目指す。

●パネラー:ベンチャー企業で働く大企業から転職された3名の方
akippa株式会社、i-plug株式会社、もう1社
(役職などについては追ってPeatixにてご連絡を致します。)

協力:デジタルハリウッド大学院大学
運営:関西TSUTAYA
主催:大阪府

テヅカヤマギャラリー個展

サイト引用
*English follows Japanese
この度、テヅカヤマギャラリーでは、栗棟美里の個展「Still Remained」を開催いたします。
ギャラリーでは3度目の個展となる本展では、SNSなどから溢れる情報過多の現代社会に焦点を当て、美・芸術の本質の探求をテーマに60点以上の作品を発表いたします。出品作の “Memorise”は栗棟にとって初めての映像作品となります。是非この機会にご高覧くださいませ。ビューイングルームで同時開催のスロバキア人作家ルシア・タロヴァとの競演も是非あわせてお楽しみください。

オープニングパーティーは、展覧会開始翌日9月15日(土)となります。また、オープニングパーティー前15:00よりトークイベントを行います。皆様のご参加を心待ちにしております。

TEZUKAYAMA GALLERY is pleased to announce a solo exhibition “Still Remained” by Misato Kurimune.

In this, her third exhibition, she presents over sixty artworks focusing on the modern culture of information overload stemming from things such as SNS, with the pursuit of beauty and the essence of art as a theme. The exhibited work ‘Memorise’ is Kurimune’s first video work.

We present this in addition to the simultaneous opening of Slovakian artist Lucia Tallova’s exhibition in the Viewing Room.

[Talk Event]
Date:9.15 SAT | 15:00 –
Moderator:Paweł Pachciarek
Speaker:Misato Kurimune, Lucia Tallová
*Admission Free