RE:BIRTH INC.Word Press ホームページデザイン WEB広告|株式会社リバース 大阪

BLOG

ブログの書き方 ワンポイントアドバイス

2021.11.26ブログ

☑︎ 3つの書き方ワンポイント

ちょっとした書き方の工夫で、読みやすくなったり、アクセスされやすい投稿になります。

【1】タイトルの付け方に工夫を
【2】ライティングのコツ
【3】取り入れやすい、SEO対策

☑︎ 【1】タイトルの付け方に工夫を

☑︎ 記事の内容と関係するタイトルにする
☑︎ 「自分の求めている記事だ!」と思ってもらえるようなタイトルを意識

具体的には

1.「○割」「2020年版」などの「数字」を使う。
2.「疑問形」にする
3.「なぜ」「理由」を使う
4.「ベネフィット」を伝える

といったことを意識すると良いでしょう

以下の例で違いを見てみましょう↓

1.「数字」を使う
【数字なし】飲んだ人のほとんどが満足するプロテインを紹介
【数字あり】飲んだ人の95%が満足するプロテイン3選

2.「疑問形」にする
【疑問なし】WordPressについてエックスサーバーの中の人が丁寧に解説
【疑問あり】WordPressとは?エックスサーバーの中の人が丁寧に解説

3.「なぜ」「理由」を使う
【理由なし】脳内物質のせいでツイッターをやめられないことについて
【理由あり】ツイッターをやめられない理由!脳内物質は敵か味方か

4.「ベネフィット」を伝える
【ベネフィットなし】古武術を使ったウォーキングを知って階段を登ろう
【ベネフィットあり】これで階段の上り下りも楽ちんに!古武術を使ったウォーキング

☑︎ 【2】ライティングのコツ

1.1行ごとに改行する
2.主語と述語の距離をちかづける
3.漢字五文字以上はNG
4.箇条書きを積極的に使う
5.表記揺れ語、関連語を文中にいくつか含む
6.効果的なライティング手法を意識する

1行ごとに改行する
スマホで読むユーザーが7割以上いることから、
ブログの文章は、1行ごとに改行したほうが読まれやすい。
「。」がつくたびに改行し、必要に応じて空白の1行で見やすさをUPさせると良い。

主語と述語の距離を近づける
・主語と述語の距離を近づけることで、「誰がどうした」を分かりやすく伝えられます。

×:アフィラはフォロワーがブログで稼ぐには、ライティングのコツを覚える必要があると言っていたのを聞いた。
〇:「ブログで稼ぐにはライティングのコツを覚える必要がある」と、フォロワーが言っていたのをアフィラは聞いた。

漢字五文字以上はNG
×:ブロガーは、作業量超重視型方法か、質超重視型方法のどちらかをまず決めるべきです。
〇:ブロガーは、作業量を重視する手法か、質を重視する方法かをまず決めるべきです。

5文字以上の漢字の羅列は、そのあたりが漢字で重なってしまって非常に読みづらいです。
また、「漢字」+「漢字」の連結も見にくいので、ひらがなを1文字挟んだほうが良いです。

箇条書きを積極的に使う
×:文字には大きく5種類あります。その理想的な配分は、ひらがなが40%、カタカナが15%、漢字が40%、数字が4%、記号が1%だと考えています。
〇:文字には大きく5種類あり、配分は次の割合がベスト。

①ひらがな 40%
②カタカナ 15%
③漢字 40%
④英数字 4%
⑤記号 1%

どちらも内容は同じですが、箇条書きの方が見やすいですね。

表記揺れ語、関連語を文中にいくつか含む

※表記揺れ…ある言語の文字表記において、
ある単語が2通り以上の書き方をされることにより表記にばらつきが生じること。

例えば、「りんご」という一文字を見てみても、次のようにな表記揺れが考えられます。

りんご / リンゴ / 林檎

このように「ひらがな、カタカナ、漢字」の三種類の文字の表現があります。
表記揺れや、関連語、共起語については適度に文中に含めることでSEO対策になります。

効果的なライティング手法を意識する

■ 考え方(共感)
・ 事例を通して「なぜそうしたのか」という理由を伝えることで、読み手に共感性をもってもらう。

■ 事例(学び)
・ 事例の紹介は、実績の紹介ではない。
・事例の中には必ず以下の要素が含まれている。
「クライアントの抱える課題」/「課題解決において提案したスキル・ソリューション
結果・効果」/「クライアントからの評価」/「クライアントの先の顧客のリアクション