RE:BIRTH INC.Word Press ホームページデザイン WEB広告|株式会社リバース 大阪

BLOG

ブログの書き方 ワンポイントアドバイス 2 (SEO対策編)

2021.11.26ブログ

☑︎ 取り入れやすい、SEO対策

・SEO対策とは?

SEOとは「Search Engine Optimization」の略称で日本語にすると「検索エンジン最適化」といいます。
自分のWebサイトの内容を、Googleなどの検索エンジンに理解しやすいように最適化すること、
自分が伝えたい情報をユーザーにきちんと届けられるように最適化することです。

1.記事内に内部リンクを入れる

内部リンクはもっと詳しく知りたいというユーザーのニーズに応えられます。
つまり、求められている記事をこちらからすぐにみられるように掲示してある、
ユーザビリティの高いサイトという点でSEOに良い影響があるのです。
また、内部リンクをすることのもっとも大きな意義となるのは、
サイトの評価をするためにサイトを巡回しているGoogleのクローラーが内部リンクのあるサイトだと、
サイト全体を巡回しやすくなるためしっかりとした評価を得ることができます。
サイト内の記事同士を内部リンクで結びつけてSEO対策していきましょう。

2.blockquote(引用タグ)を使用する

コンテンツ作成をしていると、難しい専門用語の説明や解説などを引用したいことが出てくると思います。
そんな時に他コンテンツを引用することはよくあることです。
その際に気をつけていただきたいのが、コピペと判断されないようにすることです。
もしもGoogleにコピペと判断されてしまうと、評価を下げられてしまいます。
そのようなことがないようにblockquote(引用タグ)を使用して、
引用であることを示さなければなりません。

3.画像はファイル名を設定する

画像を使用する場合は、画像に適切なファイル名をつけましょう。
例えば、犬の写真をアップする際は「image.jpeg」ではなく、「beagle-dog.jpeg」に。
ユーザーは、記事検索だけではなく、
ほしい情報を得るために画像検索を使用することもあります。
適切なファイル名をつけることで、画像検索での検索順位アップが期待できます。

4.目次を設置して内容一覧を伝える

記事内に目次を設置することで、ユーザーの利便性が上がり、
途中での離脱率を抑えられる効果が期待できます。
また、目次の内容がgoogleの検索結果に表示され、アクセスが増える可能性もあります。
目次を作るときは、目次を見ただけで記事の内容がわかるようにします。

☑︎ 投稿前の最終チェックリスト

下記の項目を参考に投稿前の記事を今一度確認してみましょう

☑︎ 記事タイトルにキーワードは含まれていますか?
☑︎ 導入文で読者に記事を読むメリットを伝えていますか?
☑︎ 見出しだけで記事の内容がわかりますか?
☑︎ 段落と改行は読みやすく意味のあるものになっていますか?
☑︎ リストや表にすることで伝わりやすくなる部分はありませんか?
☑︎ 誤字脱字・文章の流れでおかしなところはありませんか?
☑︎ 記事のコンテンツ前半部分に重要キーワードが入っていますか?

☑︎ ワークをやってみましょう

・何についてのブログを書きますか?

・決まったテーマからサジェストワードを調べましょう。

・どんな人をターゲットにしますか?

・そのターゲットが求めていることとは?

・記事を読むことで解決できることは何ですか?